加湿器のフィルターのクエン酸洗浄のコツ!フィルターを洗うときは掛け流しですすぐ!?

住宅リフォーム、生活お役立ち情報

「家事やらなくても良い券」が売っていたらちょっと欲しいポテポテおじさんです。

 

いや、私の休日は「会社の仕事をしていないだけ」です。

 

家に居る日はひたすら家事です。

 

えぇ、普通の主婦と変わらないですよ。

 

子どもが寝てからがようやく自分の時間です。

※釣りに行く日は早朝からの6時間ぐらいが自由時間です・・・。

 

私の休日=奥さんが少し休める日という意識ですね。

※仕事が忙しいときにこれが続くとストレスマックスになったりします・・・。

 

ただ・・・、洗濯物をたたむのは嫌いです。

 

あれだけはダメですね・・・。

 

今日は冬になると活躍する加湿器のお話です。

 

エアコン暖房のお宅は必須ですよねー。

スポンサーリンク

 

加湿器のお勧めはダイニチ!メイドインジャパンの安心!

 

皆さんのご自宅の加湿器のメーカーはどこですか?

 

うちはダイニチです。

 

石油ファンヒーターをメインで作っている会社なんですけど、実は物凄く良い加湿器を作るメーカーなのです。

 

最近はアメトークの家電芸人とかでも良く紹介されていますよね、ダイニチ。

 

私の自宅にあるのは2013年製・・・。

 

でも、特に故障することも無く使えています。

 

ただ・・・、この手の加湿器で困るのが加湿フィルターなんですよね。

このフィルターだけはどうにかしたい!

 

メンテナンスをきちんとしないとカビの温床になるんです・・・。

スポンサーリンク

 

 

あなたはこの手のフィルターの正しいメンテナンスを知っていますか?私はようやく分かりました!

 

この青い色の加湿器のフィルター。

 

シャープなんかの加湿器もこの手の青い色ですね。

 

これ、加湿器の中で実際に水に浸かっている部分なのですが・・・。

 

とにかく雑菌繁殖の原因になるんです!

 

そのため、メーカーさんもちゃんと工夫して「抗菌加工」はしてくれているんですよ。

 

でも、抗菌加工されていても避けられないのが・・・

 

 

 

カルシウム汚れの付着!!!

いやー!!!

 

これ、フィルター全体が白い結晶に覆われてくるんです。

 

そうなるとどうなるか・・・。

 

 

加湿できなくなります。

※画像無し!

 

 

フィルターが水を吸えなくなるので、水分の気化が出来なくなるんですよ。

 

そしてカルシウム汚れを落とすためにメーカーさんが定期的にやってくださいと勧めているのが、クエン酸洗浄。

 

クエン酸ってホームセンターやドラッグストアで売っていますよね、アレです。

 

カルシウム汚れってアルカリ性なので、クエン酸の酸性で中和分解するんですよ。

 

ただ・・・、あんまりガチガチに結晶化しちゃうとダメなんですよ、これが。

 

なので、結晶化しない段階で行うのが大事です。

 

そしてこのクエン酸洗浄で大事なのが「クエン酸の成分をフィルターに残さないこと」です。

 

これ、クエン酸が残るとどうなるかご存知でしょうか・・・?

 

 

 

 

臭いんです!フィルターが臭くなります!

悪臭をまき散らす加湿器になります!

んーなああああぁぁぁぁにぃいぃいいいい!!!※クールポコで読んで下さい。

 

 

説明書には洗浄の仕方は書いてあります。

 

「ぬるま湯~~リットルに対して、クエン酸~~グラムで水溶液を作って・・・」って。

 

でも、その後のことはそんなに細かく書いていないんです。

 

すすぎの仕方がキモだったんです、実は!

スポンサーリンク

 

クエン酸洗浄をした後のフィルターのすすぎはかけ流し!?温泉かよ!

 

温泉大好きポテポテおじさん。

 

20代前半の時は1年間で100湯ぐらい回っていました。

 

彼女(今の奥さんです)も好きだったので良く行きましたねー。

 

そんな時に気になるのが「かけ流し」かどうか。

 

かけ流しっていうのは、「お湯が常に流れていて、浴槽に入った分だけ排水されている状態」のことです。

 

つまり浴槽内のお湯が常に一定量入れ替わっている状態ですね。

 

これを大きい浴槽でやるには中々大変なのです。

 

細かい説明は省きますが、相当量のお湯が必要になります。

 

浴槽容積から計算するんですけど、それを書き始めるとそれだけで記事がかけるので止めましょう・・・。

 

話戻します・・・。

 

加湿器のフィルターのすすぎ洗い、これかけ流しで行うのが正しいのでは無いかと気が付いたんです。

 

まずは説明書通りにクエン酸洗浄をします。

 

水とクエン酸の量はそこまで厳密じゃなくても大丈夫です。

 

既定の時間漬け置き洗いが終わったら、ここからがポイントです。

 

まずは洗面台のボウルにフィルターを入れて、大量の水を注ぎます。

この時に全体に水をダバダバ掛けたほうが良いと思います。

 

水をダバダバかけ続けて・・・。

洗面台のオーバーフローホールまで水位が近づいてきたら・・・。

 

 

穴から水がオーバーフローするのを確認します。

 

このオーバーフロー状態を保てるギリギリぐらいまでお水の量を絞って・・・

水もったいないですけど・・・。

 

このまま4~5分はお水をかけ流して下さい。

 

そうすると、この間にフィルターに残ったクエン酸成分が全部抜けます。

 

4~5分経ったら水を全部抜いて、さらにシャワー洗浄。

ここまですれば大丈夫です。

 

フィルターを手に取ってクンクンしてみて下さい。

 

酸っぱい匂いがしなければOKです。

 

クエン酸の成分残っていません。

 

終わった後は元通りにセットして完了です!

 

フィルター洗ってもなんか臭いんだよねーという方・・・。

 

それ、多分クエン酸成分が残っているんだと思いますよ。

 

私も昨シーズンまではそうでした・・・。

 

クエン酸洗浄しているのに、何か変な臭いが・・・。

 

フィルター、新品からちゃんとクエン酸洗浄していれば臭いませんよー。

 

あ、ちなみに水道水の水質によってメンテナンスまでの期間は変わってきます。

 

その辺りの見極めは「ちょっと白いのフィルターについてきた?」ってぐらいですね。

 

あんまり固くなるとクエン酸で落ちなくなります。

 

ちなみにうちの場合は週に1回ぐらいです。

 

メーカー指定の洗浄期間よりかなり短いです。

 

それいじょう間隔を空けるとカルシウム汚れが沈着してくるんです・・・。

 

皆さんも加湿器のフィルターは頻繁にチェックしましょうね。

 

ちゃんと洗浄すればカビだらけになったりしませんよー。

 

 

以上です!

 

加湿器、正しく使いましょうねー。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

コメント