丸亀製麺の釜抜きを知っている人は大分通!他にも知っているとちょっとだけ通っぽい用語をご紹介!

丸亀製麺

最近、丸亀製麺の進化が凄い・・・。

 

あっという間に全店でクレジットカード決済が始まったり、テイクアウトメニューがいきなり充実してきたり、いつの間にか明太釜玉が10円値上げしていたり・・・。

 

決断スピードが速くて( ・∀・)イイ!!

 

私の本業の会社でもこのぐらいのスピードは欲しいですよね。

 

ところで、最近の私。

 

以前ほど丸亀製麺さんのお世話にならなくなりました・・・。

 

正確に言うと、「職場を異動したことで丸亀製麺さんが遠くなってしまったから」なんですよ。

 

以前の八王子の事務所に居るときは、ささっと出てささっと食べて帰るが出来たんですけどね。

 

今の相模原の事務所はささっと出られても、帰るのに時間が掛かるんですよ。

 

なので既定のお昼休み時間に行くとちょっと厳しい・・・。

 

現場のついでに行くしか無いんですよね。

 

しかし、それでは丸亀製麺マニアとしての名が廃る!

※誰もそんなこと思っていません。

 

今日はちょっとマニアックな「丸亀製麺の符丁」をコソっと教えちゃいます!

 

これを知っていればちょっとだけあなたも丸亀製麺マニア・・・!?

 

始めまーす。

スポンサーリンク

 

「おんぶ」、「ひやぶ」って何?背負うの?

 

ではまずは初級編から。

 

私も良く頼みますね、「ひやぶ」は。

 

逆に「おんぶ」は頼んだこと無いです。

 

「ひやぶ」だの「おんぶ」だの・・・。

 

良く分かりませんね。

 

私のブログのコアな読者様は分かるでしょうか?

 

「ひやぶ」は「ぶっかけうどんの冷たいの」ですね。

 

「おんぶ」は「ぶっかけうどんの暖かいの」です。

 

どうもこの「おんぶ」を頼んでいる人にはあまり遭遇しませんね・・・。

 

なんか味の想像がつかないんですよね。

 

暖かいのは「かけうどん」かなぁ?とかなるんですよ、私の中で。

 

オーダーするときには大きい声で「ひやぶ並!」とか「ひやぶ大!」とか頼んでみましょう。

 

このオーダーは多分どの店員さんに当たっても通ります。

 

 

・・・「ひやぶ並」とか頼んでいる人、私以外に見た事無いですけどね・・・。

やっぱり符丁なのかな?

 

あ、「おんぶ大!」とか頼んでいる人は一度たりとも見た事ないことも報告しておきます。

スポンサーリンク

 

かけ並、かけ大、っていうけど「かけ得」とは言わないんだなぁ、コレが。

 

これは符丁っていうか、ちょっと気になることですね。

 

私も良く頼む「かけうどん」

※写真はかしわ天を追加しています。

 

このかけうどん、丸亀素人さんは「かけうどん下さい」って注文してしまうんですよね。

 

恐らく70%以上の人がそう頼んでしまうでしょう。

※ポテポテ調べ

 

違うんですよ、「かけうどん、並」とか「かけうどん、大」とかっていう頼み方をしなくてはなりません。

 

サイズを言わないとダメなんです。

 

スタバで「ダークチョコチップフラペチーノ、トール」とかって言うのと同じですね。

 

ちなみにこの記事を書いている日、「かけうどん、中で」と頼んでいる人生の先輩がいらっしゃいましたが・・・。

 

・・・。

 

「中」って頼むのは「はなまるうどん」ですね。

※並みか大か得ですよ!

 

ロッテリアに行ってマックシェイクを頼むような物です、ご注意ください。

 

そして私、少し気になった所が・・・。

 

オーダーを通した後に、店員さんどうしで「かけ並1丁!」とかやるじゃないですか?

 

あれ、「かけ並」とか「かけ大」って言うんですけど・・・。

※店によっては「かけの大」って言ってますが。

 

どこのお店にいっても「かけ得」とは言ってないような気が・・・。

 

みなさん「かけの得」って言うんですよね。

 

間に「の」が入るんですよね・・・。

 

 

「かけ得」って言いにくいんですかね?

※あくまでポテポテ調べです。

 

スポンサーリンク

 

そして今日の本題・・・、釜抜きって知ってます?釜揚げじゃないですよ。

 

さてさて、今日の本題です。

 

知っている人は知っているけど、知らない人は絶対に知らない・・・。

 

それが「釜抜き」です。

 

釜抜き?釜揚げなら知ってるけど・・・。

 

えぇ。

 

これは店舗のメニュー表にも記載されていませんからね。

 

なので、このオーダーを通すと丸亀製麺さんにマークされてしまうかもしれません・・・。

※多分されません。

 

もったいぶらずに早く教えろって・・・?

 

えー、じゃあお教えしましょう。

 

釜抜きとは何か!?

 

釜抜きってなんだ!?

©ユッケ

 

これ、茹で釜から直に丼に麺を入れるオーダーです。

 

普通、釜揚げ系のメニューでやる「水で締めない」麺を意図的に頼めるオーダーになります。

 

私はかけうどんを頼むときは結構この「釜抜きでお願いします」って頼みます。

 

水で締めないので、釜揚げうどんのモチモチ感がかけうどんで楽しめるんですよね。

 

ただし、結構マニアックな注文なのでバイト歴が浅い人なんかは通じません・・・。

 

麺茹で係りの人が「( ゚Д゚)ハァ?」ってなってしまった時は「かけうどん(並・大・得)の麺を水で締めないで釜から丼に下さい」って言えば通じます。

 

ちなみにこのオーダーも私以外に頼んでいる人を見た事ありませんがね・・・。

 

いや、でもマニア的には結構有名なんですけどねぇ・・・、釜抜き。

 

締めてない麺の方が好き!って方は頼んだら幸せになれますよ。

 

明太釜玉が好きな方にはお勧めですね!

明太釜玉は「生混ぜ」でオーダーがお勧め!

※生卵を先に混ぜ込んでもらうオーダーが生混ぜですよ。

 

貴方もちょっと違ったオーダーで「通」を感じてみませんか?

 

そう、ちょっと面倒がられますが・・・。

 

※帰る前に下のロゴをポチポチっと!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

コメント