焚き火台調理で串焼きを上手に焼けるアイテムを入手!その名は「自在くし台」!

美味しい物色々!

炭火焼調理は楽しい!!

 

BBQの資格があるのが分かる気がしました!

 

いや、最近持っている焚き火台を上手に利用して、なんとか炭火調理が出来ないかなと試行錯誤しているんですが・・・。

少し前の魚焼きの様子・・・。

 

今回は「魚が焼けたから肉を焼いてみようでは無いか!」ということで、冷凍庫にあった「手羽元」を焼いてみます。

 

上手に焼けるかなー?

 

始めまーす!

スポンサーリンク

まずは焚き火台の網から少し離して串が置ける秘密兵器購入!

 

前回の発光路で釣ってきたニジマスとブルック?を焼いたときの反省点。

オガ炭で串焼きは結構気を使う・・・!道具を工夫して再挑戦だ。美味しく焼けたけどね!
オガ炭(いまさらだけど、「おがたん」ですよ)は結構火が付かない・・・。 バーナーでかなり炙っているのです、なかなか火が付きません。 あ、前回の記事の続き記事ですよ。 前回の記事はコチラ。 ちなみに前回の記事の...

 

「火から魚が近くて、上手に火が入れられない問題」をどうにかしようと考えていました。

 

炭火調理、なかなか加減が難しいんですよね。

 

ずーっと立ち会って見ていないといけないし、強火の炭火からなるべく離してじっくりと熱を通したい・・・。

 

そもそも、私が持っているのは調理用に特化した焚き火台ではないので、相違工夫が必要なのです。

そんな時、Google先生に聞いてみました。

 

「先生!焚き火台で上手に串物を焼くにはどうしたら良いの?」

 

「焚き火台で調理か・・・。じゃあこんなのはどう?」

 

と言われて出てきたのがコチラ。

自在くし台!

 

こ・・・、これは・・・!?

 

なんという便利アイテム・・・!

焚き火台に付属していた網を有効活用!!!

 

焼き鳥がやりやすいらしいので、早速コレを買った次の休みにチャレンジしてみました!

 

スポンサーリンク

 

炭おこし器と自在くし台を上手に使おう!焼き鳥にチャレンジ!

 

そしてやってきたお休み。

 

まぁ、休みと言っても私の休みは休みでは無いんです。

 

会社の仕事をしないで、家事をこなすだけの日ですね。

 

休みの度に釣りに行っている人たちの家庭は大丈夫なのでしょうか・・・?

 

ちょっと心配になりますけど、きっと大丈夫なのでしょう。

 

私の倍ぐらいの月収があって、家庭円満にしているんでしょうね・・・。

 

そんなことを考えながら、家事のルーティンをこなしていきます。

 

この日は炭焼き調理以外には「貰いもので作るお寿司」を計画していました。

 

実は「スシロー」でシャリ玉だけ購入できるとTwitterで知って、それを実行することに。

 

別に酢飯を作るのは訳無いのですが、2合ご飯を炊くと酢飯が余るんです。

 

かといって1合では足りない。

 

そんなところに「スシロー」でシャリだけ買えるよ!という情報。

 

ありがてぇ、ありがてぇ・・・。

 

夕方持ち帰りで取りに行くように予約をしておきました。

 

そして、その日の夕方。

 

今回は「オガ炭をおこすのに時間が掛かる問題」を解決するために少し早めに火起こし。

 

事前に炭おこし器も買っておきました。

 

こいつに前回使った炭をまず放り込みます。

炭、ボロボロになっていなければ再利用できるんですよ。

 

こんな感じで火消壺に入れて火を消せば再利用可能です。

 

そしてカセットコンロに炭おこし器をセットして15分ぐらい・・・。

良い感じに炭が起きてきましたが・・・。

 

私は大失敗をしていたんですよ!!!

 

実はカセットコンロでこういう炭おこしを使うことは禁止されていたのです!

 

炭おこし器からの輻射熱で、カセットガスに物凄い熱が加わるので爆発事故に繋がる恐れがあります!

 

今回はたまたま爆発しなかったから良かったものの、ブログ読者の皆様は絶対にやらないで下さい。

 

私もたまたまカセットガスを交換しようとして気が付いたんです。

 

コンロの「ご注意」に書いてありましたね・・・。

 

「カセットコンロで炭おこしは禁止」と・・・。

 

ガスで炭をおこす時はこういうオープンタイプのシングルバーナー使いましょう。

これなら輻射熱がカセットボンベに直撃しませんからね。

※でもカセットボンベを触りながらやりましょうね。熱くなったらストップ!

 

カセットコンロでの炭おこしは絶対にダメ!

 

良く覚えておきましょう・・・。

 

ちょっとしたミスはあったものの、なんとか綺麗に炭が起きました。

今回は良い感じに全体に火が回りました。

 

さて、焚き火台に網をセットしていきましょう!

おぉ!なんかいい感じ!

 

レンガと組み合わせると、炭火からの距離も取れます。

 

事前に切れ込みを入れて、串に刺した手羽元をいよいよ火にくべます・・・。

さあ、果たして今回は上手く焼けるでしょうか!?

 

後半に続く!!

 

※本当にカセットコンロでの炭火おこしはやめましょうね!

私も身を持って危なさを体験しました。

 

※帰る前に下のロゴをポチっとな。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

コメント