管釣りの初心者向けシリーズ エリアトラウトの場所取りの重要性について。朝~午前中が勝負!朝行けない人は夕方勝負!

管理釣り場

リクエストが入ったので「管釣り初心者の人へ向けてシリーズ」のvol.2です。

 

今回は管釣りのポイントについて!

 

 

管釣りにポイントなんてあるの?ってお思いでしょう・・・。

どこでも釣れるんじゃないの?

 

 

あるんですよねぇ、それが。

 

釣れるところと釣れない所、結構ハッキリしています。

 

そしてその釣れるポイント抑えるためには・・・そう、早起きです。

 

釣りを始めるハードルの高さに「朝が早すぎる件」があると思うんですよね。

 

正直、私もそう思います。

 

だって、朝の3:00とか3:30起きって新聞屋さんかパン屋さんぐらいしか起きていませんよ、普通。

 

それを釣りを始めたい人に「じゃあ、今度一緒に釣りに行く日、朝の3:30に迎えに行くから」なんて言われた日にゃー・・・。

 

「え?朝の3:30って深夜だよね?」となるわけですよ、普通は。

 

3:30って深夜なんですよ、普通の人からすれば・・・。

 

釣り人からすると3:30って早朝なんですけどね。

 

そのあたりが一般の人と釣り人のギャップなんですよね。

 

釣り人からしたら「朝マヅメの釣りやすい時間帯に連れて行きたい」という親切心なんですけど、一般の人からしたらなんでそんな早起きするの?って思われます。

 

結果、釣りには行きたくないと・・・。

 

ただ、初心者の人は絶対に早く起きてほしいんですよねー。

 

その理由とは!!

 

始めまーす。

スポンサーリンク

 

早く起きれば釣れるポイントに入れるよ!早起きは三文の得!!

 

さてさて・・・。

 

管釣りにおける早起きの重要性です。

 

と、いうより釣り全般(日中の釣り)においてみんなそうなんですけど・・・。

 

「早起きしないと釣りやすいポイントに入れない」のですよ。

 

堤防釣りなんか顕著ですよね。

 

エリアトラウトもしかりです。

 

管理釣り場って、文字通り人が管理している釣り場なので、比較的どこに入っても釣れると思われていますが・・・。

 

違います。

 

釣れないポイントってあります。

 

いや、正確に言うと「釣りにくい所」ですね。

 

超絶釣りウマな人(ROBルアーのテスターのしもきんさんとか)ならどこに入っても釣れるんでしょうけど、一般~初心者の人だと明らかに釣りにくいポイントってあります。

 

それと、管釣りだっていわゆる「食い気のある魚が溜まるポイント」ってあるので、そこに入れるかどうかでその日の釣りの楽しさが変わってきますね。

 

じゃあ、管釣りの釣れるポイントってどこなの?ってことですね。

 

これ、一般的な「池」(ポンドタイプ)の管釣りの場合で説明します。

 

奥多摩フィッシングセンターみたいな川の本流を使った管釣りだとちょっと違ってくるので割愛します。

 

池(ポンドタイプ)の場合の1級ポイント・・・。

 

ズバリ!

 

インレット!(流れ込み)

※参考画像

 

ただし、流れに強いルアーを使う場合に限ります。

 

ハイドラムのフローティングは使えないと思ってください。

※ハイドラム、流れの中だとちゃんと泳いでくれません・・・。

 

クランク、スプーン、ミノーはOK。

 

後はスピナーですね。

 

インレットはスピナー!

 

 

そして縦スプーンですかね。

 

トラウトは溶存酸素量が豊富な水が好きなのでインレットは絶対にお勧め!

 

だが、しかし。

 

流れが強いダバダバ入るようなインレットは攻め方が難しい・・・。

 

上手い人とか渓流ルアーをやっていた人は攻め方が分かりますが、初心者にはちとキツイ・・・。

 

あれ、インレットの流れが消えるか消えないかぐらいの所がベストなんですよね。

※ここポイントです!テストに出ます。(テストって何!?)

 

しかも、インレットの流れが消えるか消えないかぐらいのところの底(ボトム)って、やたら大物が溜まっていたりします。

 

レギュラーサイズから先にアタックしてくるんですけど、その下には大きいのが居ることが多いですね。

 

朝イチでインレットが取れなかった場合はどうするか・・・。

 

もしくはメインで使うルアーの関係で、インレット以外が良い場合は・・・。

 

逆にアウトレット(流れ出し)を狙いましょう。

※参考画像

 

どちらかというと、私はアウトレットのほうが好きです。

 

アウトレットも水の流れがあるので、魚が多く付きます。

 

さらにインレットと違って急な水の流れが少ないため、どんなルアーでも綺麗に泳いでくれます。

 

そのため、使うルアーを選ばないでやれるので楽ですね。

 

アウトレットも大きいのがボトムに付くことが多いので、魚影が見えなくてもボトムを攻めると良い感じですよ。

 

ではインレットもアウトレットも取れない場合・・・。

 

そういう場合はなるべく水が良く動く場所をお勧めします。

 

いわゆるポンプで水がバシャバシャ入っているような所です。

 

ただこれも、ポンプの水がバシャバシャしている直下じゃなくて、バシャバシャからほんの少し離れた所のほうがやりやすいです。

 

水面の波が消えるか消えないかぐらいの所へキャストすると割と良い感じになることが多いですね。

 

そう、管理釣り場だからといって、どこでも釣れるわけではないのです!

 

だから・・・、早起き大事!

 

そして釣れる時間帯に釣るのが大事ですよ!

 

・・・じゃあ、インレット、アウトレット、放水ポンプポイント等全て抑えられていたら・・・?

スポンサーリンク

 

良いポイントを抑えられていた時は・・・障害物を探そう!そして・・・。

 

寝坊したり、家事を終えてから釣り場に到着したらすでに良さそうな所は全部抑えられていた・・・。

 

これはキツイですね。

 

なかなか釣りにくいと思います。

 

でも、こういう時は「他と少し違う場所」を探せば大丈夫!

※プールの場合は良く分かりません、すみません。

 

例えば底に大きな岩が沈んでいるような所とか、風が吹いたときに水の流れが少し他とは違う所・・・。

 

でも、そういう所ってクリアウォーターなら良く分かりますけど、マッディーな釣り場だと分かりにくいでしょね。

 

そういう時は素直に管理人さんに聞きましょう。

 

「今から入ってお勧めのポイントはありますか?」って。

 

まぁ、某F〇川越は「今日は釣れないよ!」って言われるとか言われないとか・・・。

 

管理人さんは結構釣れるポイントを知っている方が多いので、釣れそうなポイントが良く分からないときは素直に聞くのが良いですよ。

 

そして・・・、良さそうなポイントに入ってもダメ、ルアーを替えてもなんだか上手くない・・・。

 

そういう時って、時間が良く無いんですよね。

 

管釣りのお魚って大体「朝と夕方」に良く釣れるので真昼間は一番釣りにくいんです。

 

そんな時にどうすれば良いか・・・。

 

上手い人は釣れる術を持っていますが、そうでもない人は・・・。

 

 

おやつ食べてお昼寝ですね。

朝早いしね・・・。

 

 

真昼間は基本的に釣りにくいので、1日券でやりたい人はあんまり釣れないときは寝た方が良いですよ。

 

私は半日しか時間取れない人なので、午後の一番釣れない時間帯は帰っている途中ですね・・・。

 

午後からしか行けないYO!っていう人は、夕方の釣りやすい時間(夕まづめ)にかけた方が良いです。

 

夕方の2時間ぐらいでバシバシっと釣った方が楽ですね。

 

あ、でもこんなこと書くとまたアレですな・・・。

 

「釣れない時にどうやったら釣れるか考えないと上手くならない!」とか言ってくる人が・・・。

 

え?

 

別にいいじゃ無いですか。

 

釣れない釣りより釣れる釣りを楽しむほうが大事ですよ。最初の内は。

 

世の中「上手くなりたい人」ばっかりじゃないんですよー。

 

楽しく出来れば良いと思っている人も多々居ますよ。

 

なので、その辺に関してのご意見は・・・。

 

 

受け付けません!

※ポテポテおじさんはガチ勢では無いので・・・。

 

そんな感じなので、釣れないときは別な事をしたり、美味しい物でも食べましょう。

 

釣りの楽しみ方は人それぞれですから。

 

その人が「あー、今日1日楽しかった」となればそれで良いと思います。

 

私も「食べる分だけ釣ったら飽きちゃう人」ですからね。

 

では、週末お休みの方は楽しいお休みを―!!

 

帰る前に下のロゴをポチっと!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

コメント