魚に痛覚はあるのか?無いのか?釣りをする上で気にすると気になっちゃうこの問題!

管理釣り場

今日は魚の痛覚について、ちょっと思う事があるので書いてみます。

 

あくまで釣り人視点のことなので、色々間違っているかもしれませんが・・・。

 

釣りをしていると気になりますよね?

魚、実は物凄い痛いのか・・・って。

 

明らかに哺乳類の痛がり方とはちょっと違いますけどね。

スポンサーリンク

 

そもそも魚って傷みを感じるのか?最近の研究だと痛いらしいですけど・・・。

 

釣り人ならみんな気になるこの問題・・・。

 

魚って痛い思いをしているんじゃないか?ということ。

 

私は・・・あれ、そんなに痛く無いと思いますね。

私が思う理由を説明しましょう・・・。

 

 

・理由その1・・・痛かったらあんなにグイングイン抵抗しないと思います。

 

哺乳類が痛い思いをした時を思い浮かべて下さい。

 

例えば、怪我した犬があんなに大暴れできます?

 

怪我した猫があんなに頭振って抵抗してきます?

 

しませんよね・・・?

 

多分人が思うほど・・・魚類は、痛くないんですよ。

 

だって、痛かったらあんなに大暴れしませんもの・・・。

 

ねぇ?

 

・・・そう思いませんか?

 

・理由その2・・・活造りで骨だけにしても泳げる

 

皆さん、見たことあります?

 

鯵の活造りで、3枚卸にされた中骨(頭付)が泳ぐシーンを。

 

※イメージ画像

 

これ、痛覚があるとしたら痛みのショックで死んじゃいますからね。

※当然重要な器官は取られているので、長時間は生きられませんが・・・。

 

ね、以上2点から推測するに、魚類には人が思うほどの痛覚ってないと思うんですよ。

 

と、いうことは・・・。

 

釣り針に掛かった魚って、人が思うほど痛くないと思うんです。

 

多分、「なんだよ、引っ張るなよ!やめろよ!」ぐらいかなと。

やめろよー!

 

※あくまで私の経験から考えている推測に過ぎませんが・・・。

スポンサーリンク

 

でも、痛くないからって命を雑に扱ってはいけないと思いますよ。

 

私はキャッチ&イート派です。

 

食べるのがメインで釣りをする人間ですね。

 

食べるときには当然殺しますね。

 

なるべく苦しくないように一瞬で命を絶ちます。

 

食べる分だけ釣りますし、冷凍庫のストックきついかな?ぐらいになったら釣りはストップです。

 

そんな感じなので朝イチでデカいのが出ると「もう良いかなぁ?」ってなってしまいます・・・。

このサイズが出ると一気にモチベーションが下がります・・・。

 

 

 

管釣りに向いていない人間なのか・・・?

食べる分だけ釣れれば良いかなぁ~。

 

生き物と自然に敬意を持って釣りをしているとは思っています。

 

なので、堤防にフグが放置されていたりするのを見ると、本当にその日のテンションが下がります・・・。

 

食べない(食べられない)魚だったら、なるべくダメージを少なくリリースして欲しいですよね。

 

リリース前提の釣りなら、やっぱりダメージは少なくが基本だと思います。

 

全ての魚に敬意を持って、釣りを楽しみたいですよね。

 

食べる魚は活〆、食べない魚は即リリース!

 

これを今後も守って釣りを楽しみたいと思います。

 

でも、本当に痛いとか痛くないとかって、魚じゃないと分からないよね・・・。

 

なんだか短くなったけど、本日はここまで!

 

うまいことまとめられませんでした―――!スミマセン!

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. タカ より:

    ポテポテ様

    個人的な見解として、鰓蓋から前はほぼ痛感が無いと思います。

    そしてそこから後ろにかけては痛感があると思われます。

    スレ掛かりの時の暴れ方からみても、筋肉組織が多く、人間との違いはあれど痛感はあると思います。

    ただ、弱り方からすると体を守るあの粘膜の方が非常に重要で、釣り針や個体同士の闘争傷よりも守らなくてはいけない部分です。(魚飼育には
    粘膜保護剤というのも売ってます)

    という事は我々釣り人達はリリースするならいかに触らずに素早くリリースするかが一番重要で、キャッチ&イート派はいかに苦しまずに締めてあげるかが重要ですね。

    • ポテポテ より:

      タカ様

      表皮の粘膜の重要性は分かります!
      あれがやられるとあっという間に弱りますからね。
      魚の痛みの感じ方って、結局は魚に聞かないと分からないですよね・・・。

      粘膜保護剤、熱帯魚屋さんに売っていますね。
      アクアセイフとかでしたっけ?
      もう何年も水槽やっていないなぁ・・・(遠い目)

      リリースするなら、なるべく触らない。
      食べるなら一気に締める!

      命に敬意を持って釣りをしたいものですね。

  2. りくパパ より:

    ポテポテ様

    お疲れ様です。
    釣り場での放置魚見ると萎えますよね…
    命の大切さ…釣人以前に人間の倫理観だと思います。
    昔、埼玉の某所に釣りに行った時にヘラ師さんが、釣ったギルを道路に投げているのを見て本気ではらがたちました。
    同じ人間にも、動物にも魚にも優しいアングラーでありたいものです。

    • ポテポテ より:

      りくパパ様

      ヘラ師のブルーギル放置問題!!
      分かります!!

      うちの近所の某溜池もマナーの悪いヘラ師が草むらにぶん投げていることがあります・・・。
      あれは魚は最高に苦しいんですよ・・・。

      まさに野垂れ死に・・・。

      いらなかったら、そっと針だけ外して池にXXXXしてあげれば良いのに(自主規制)
      ブルーギルって食べるにも小骨多すぎて食べにくく、さすがの私もちょっと敬遠しています・・・。
      でも、捨てたりしませんけどね。

      バスは・・・3匹までだったら活け締めでお持ち帰りです!
      ウロコが飛びまくるので、下処理が面倒ですが・・・。

      それ以上釣れた時は、なぜか手が滑って池やら湖に帰ってしまいますね。