オガ炭で焚き火台を使って釣った魚を焼いてみる!オガ炭は火が付きにくい―!!これ、火起こし器必須なのでは?

美味しい物色々!

ついに焚き火台調理まで手を出してしまいました・・・。

 

いやいや、そんな大したことするわけじゃ無いんですよ。

 

貧乏釣り部仲間でハゼ部仲間の「のっちさん(よーすけさん)」が色々やっているのを見ていて、自分もやりたくなったんですよね。

ミニピンまめ吉のちょこっと釣行記
愛犬の『まめ吉』とのゆるい生活とたまに行く釣りについてゆるく綴っていきます。

 

私の持っている焚き火台。

 

まぁ、某有名アウトドアメーカーのパクリ商品です。

※こちらが本物です。

 

でも使い勝手は多分変わらないんですよね。

 

基本、薪を載せて火を燃やすだけですからね。

 

今回チャレンジしたのは串に魚を挿してやく「塩焼き」です。

 

焼き枯らしがしたかったんですよね。

 

果たしてうまく行ったでしょうか?

 

始めまーす。

スポンサーリンク

 

マングローブの炭、備長炭、オガ炭?なんか色々あるぞ・・・。

 

炭調理童貞な私・・・。

 

仕事の途中で寄ったホームセンターで、早速調理用に木炭を探しました。

 

しかし・・・。

 

なんだかピンキリです。

 

バーベQ用に良く使う「いわゆる炭」から、物凄い高い備長炭、そしてオガ炭。

いわゆる炭・・・。

 

こっちが備長炭

 

これがオガ炭

 

うん、なんかいっぱいあるな・・・。

 

いわゆる普通の炭は分かります。

 

黒いのですね。

 

すぐ火が付きます。

 

でも、火の持ちが良くありません。

 

マングローブで作っている物が良く売っていますね。

 

次に備長炭。

 

これはとにかく硬い!

 

そして火が付きにくい!

 

でも火持ちは最高。

 

そして高い・・・。

プロ用だからね・・・。

 

で、最後に見つけたのが良く知らなかった「オガ炭」

 

パッケージには「オガ備長炭」って書いてあります。

 

ん?

 

どういうこと?

 

「オガクズを成型して焼いた炭です」って書いてあります。

 

ほう?

 

ほうほう・・・。

 

パッケージを読み込むと、どうやら備長炭に近い火力で、備長炭よりかは火が付きやすい。

 

そして火の持ちも( ・∀・)イイ!!

 

さらに備長炭と違ってハゼにくい。

※備長炭は結構「パチーン!」ってハゼますよね。

 

うん、値段もそこまでしないから買ってみましょう。

 

併せて焚き火台調理で高さ調整をしたかったので赤レンガも2個購入。

 

本当は耐火レンガが良かったんですけど、串を載せるだけで使うので、多分割れないでしょう。

 

そして翌日のお休みの日に早速実行!

 

さあさあ!どうなるかな。

スポンサーリンク

 

これ、炭おこしが必要だ―――!!!バーナーじゃ物凄い時間が掛かる!!

 

いよいよ炭で魚を焼いてみる日がやってきました。

 

この日は朝から家事三昧。

 

家族全員分のベッドのシーツを洗って、布団カバーを洗って、枕カバーを洗って、マットレスのローテーションをして・・・。

 

私の一番面倒な家事の日です。

 

でも、コレは結構重労働なので、結婚した当初から私の仕事になっています。

 

ちなみにその間は奥さんが掃除機やら拭き掃除やらをやっています。

 

分業ですね、分業。

 

お昼前までに全ての家事を終えて、奥さんの車を洗車。

 

お昼を食べてから息子を幼稚園に迎えに行って帰ってきたら、もう15:00過ぎです・・・。

 

やっぱり休みの方が忙しいんだよな・・・。

 

おやつの後のキッチンの後片付けをしつつ、夕飯の準備に取り掛かります。

 

まずはこの前角上で買ったワラサのアラでブリ大根の準備。

塩を振って少しおいてから熱湯を掛けて臭み取り。

 

その後は大根と一緒に圧力鍋で加圧します。

 

良し・・・。

 

魚に串打ちをしてっと。

発光路で釣ったお魚ですよ。

 

 

じゃあ外に行きますか!

 

とりあえず魚焼きが失敗しても良いようにおかずを作ってから庭へ。

 

焚き火台をセットして、オガ炭を着火しようとバーナーで炙りますが・・・。

あれ・・・?

 

これかなり燃やさないと着火しないのでは・・・?

 

 

大丈夫か―――!?コレ!!?

火が付かないよ!!!

 

果たして、この後上手く魚は焼けるのか!?

 

後半に続く!!!

 

※帰る前に下のロゴをポチっと。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

コメント