小管トラウトガーデンが少し変わったよ!駐車場側の短辺がキャスト禁止になりました!

小管トラウトガーデン

物凄い久しぶりに小菅トラウトガーデンの事を書きます。

 

自宅から比較的近い管釣りなのに、最近はとんと行かなくなってしまいました。

※ちなみに1番が奥多摩フィッシングセンター、2番目が朝霞ガーデンです。

※奥多摩フィッシングセンターが距離、時間共に最短ですね。

 

何故行かなくなったのか・・・。

 

これ、単純に持ち帰りのコスパが良く無いからですね。

 

だって、半日券だと6匹、1日券でも8匹ですからね。

 

6匹の中で甲斐サーモンは1匹のみ・・・。

 

これだとキャッチ&イート派にはコスパが悪すぎるんですよ。

 

後はやっぱり池が小さすぎるというのもありますでしょうか。

 

あの養殖池ぐらいの魚影は魅力なのですが、いかんせん池が小さい・・・。

 

そう、私の肝っ玉ぐらいに小さいんです!

 

でもやっぱり好きな管釣りの一つですよね。

 

 

甲斐サーモンが釣れないと大損した気がしますが・・・。

唐揚げサイズしか釣れなかった・・・。

 

 

あ、今日はそんな事じゃないんです!

 

私が長年ズーっと気になっていた「あの問題」をついに解決してくれたんです!

スポンサーリンク

 

「駐車場側」、ようやっとキャスト禁止になったー!

 

えぇーっと・・・。

 

小管トラウトガーデンに行ったことのある方なら分かりますでしょうか?

 

小管トラウトガーデンって、「山側」「川側」とポイントが2分されますよね?

 

山側っていうのがこちら側。

 

駐車場からのスロープを降りて来た側が山側・・・。

 

逆に、山側の対面が川側。

この場所から釣りをする時にちょっと問題があったんですよ・・・。

 

そう、この写真の左側・・・。

 

通称「駐車場側」なのですが、ここからキャストされると山側の一番端っこの人も、川側の端っこの人も釣りにならないんです!

 

駐車場側からのキャストで、「ギリギリOKかな?」っていうのが、ちょうど「山側」からも「川側」からも届きにくいど真ん中。

 

でも、結構スロープギリギリとかアウトレットギリギリとかにわざわざ入ってくる人が居るんですよね・・・。

 

毎度毎度、私を含めて多くの方が「駐車場側キャスト禁止にしてくれないかな?」と思っていたのですが、ここに来てようやくキャスト禁止にしてくれました!

※2020年6月からです。

スポンサーリンク

 

駐車場側キャスト禁止でラインクロスが減るハズ!無駄なトラブルは避けよう!

 

まずは公式ブログの引用です。

 

    駐車場よりは、ラインが交差して、ライントラブルが多く、お客様より

 

    この場所は釣り禁止にして欲しいとの要望がありましたので、禁止とさせて

 

    頂きますので、ご承知おき下さい。

<小管トラウトガーデン 公式ブログ 2020年6月1日の記事より一部抜粋>

 

そう、コロナ休み明けについにキャスト禁止エリアが出来ました!

 

これで今までの「なんとなくモヤモヤした気持ち」が無くなってスッキリと釣りが出来るという物です!

 

私が釣りをする時に一番考えること・・・。

 

それは「自分の釣りが周りの迷惑にならないかな?」という事です。

 

狭い所に無理やり入って行ったり、人がやっている所にギリギリキャストしたりはやっぱりお互いに嫌な感じになりますもんね。

 

私は、自分が釣りをしていて「本当にすぐ隣」に入られるのが非常に苦手です・・・。

 

なぜか・・・?

 

 

自分の下手さ加減がバレるから・・・。

※ブログ書くレベルじゃ無いんですよ・・・、本当は。

 

と、いうのは半分冗談で・・・。

 

やっぱり危険性の問題なんですよ。

 

合わせそこなったルアーなりフックなりがこっちに飛んできたときに、自分にあたるならまだしも他人にあたったら嫌じゃないですか?

 

せっかくの月イチ釣行とかで人にケガをさせたり、嫌な思いをさせる・・・。

 

そんなことをやっぱり最低限避けたいんですよね。

 

それとライントラブル・・・。

 

狭い範囲に人が集中して入るとどうしても風とかでラインが流されてお祭りしちゃう時とかありますよね?

 

これも、隣との間隔がある程度空いていれば回避できることが多いと思います。

 

私はあんまりキャストが上手じゃないので、自分から混んでいる所に入ったりはまずしません。

 

だって、ミスキャストでお祭りしたら嫌ですからね。

 

小管、割とライントラブル多いんですよね・・・。

 

あそこは対岸との距離が近いから、メタルバイブとかキャストすると普通に向こう岸に届くんです。

 

私、自分の足元に投げ込まれても割と気にしない方なのですが、人の足元に投げるのはやっぱり避けています。

 

だって、やっぱりやりづらいと思う人が大半だと思っていますから。

 

それと、お祭りしてしまった時の対応・・・。

 

私は自分が悪くない時でもとりあえず「あ、すみませーん!」って言うんですよ。

 

その方がトラブらないですからね・・・。

 

これ、絶対にお互いに「すみませーん!」って言ったほうが良いと思うのは私だけでしょうか?

 

わざとやっている人なんか99.99%いないと思うので、お互いに「ミスったよ、ごめんね!」で済ませたいですよね。

 

ただ・・・。

 

私、過去2回ぐらい本当にゴメンナサイと思ったことがあります。

 

それは何か・・・?

 

 

高いPEラインを使っている人とお祭りして、リーダーよりかなり上で絡んでしまったことですね。

ゴメンナサイ・・・。

 

 

あれは本当に気まずかったです・・・。

 

だってリーダー組直し+高いPEを大分捨てるハメになりますから。

 

あの時の方・・・、本当に申し訳ありませんでした。

 

「あ、大丈夫ですよー」って笑って許してくれましたけど、実は「激おこぷんぷん丸」だったのでは・・・?

※今この表現を使う人は居ません・・・。

 

ちなみに、小菅でこの状態になるのは2つのタイミングの時です。

 

1個目・・・駐車場側からのキャストと重なる時。

 

2個目・・・中央に沈んでいる石(岩)をめがけて両岸から同時のタイミングでキャスト

手描きポイント図・・・。

 

 

逆に言うと、この2点を避ければライントラブルはかなり避けられますけどね。

 

まぁ、なんでしょう。

 

今回、改めて駐車場側からのキャストが禁止になったのは歓迎する点だと思います!

 

・・・私が通い始めたころは暗黙の了解で誰もキャストする人居なかったと思うんですけどね・・・。

 

いや、でも!

 

これでまた少し小菅に行くかもしれません。

 

・・・とりあえず、ランチが再開してから行こうかな?

 

以上でーす!

スポンサーリンク

 

 

コメント