頂鱒のフライは美味しい!唐揚げより手間が掛かるけど相当美味しいぞ!サクフワシットリ食感だ!

美味しい物色々!

フライをお家で作ると面倒なの・・・。

 

あ、この場合のフライと言うのはいわゆる「毛ばり」では無くて、料理方法としてのフライです。

 

食材に小麦粉と溶き卵を付けて、最後にパン粉を付けて揚げるアレです。

 

私も滅多にやらないんですよ、フライ。

 

何故か・・・。

 

 

洗い物が沢山出るから!(しかも食洗機に入れられない洗い物)

ジュンビ モ メンドウ デースネ!

 

だって、唐揚げなら1工程で済むのに、フライなら3工程ですよ。

 

工数が多い訳ですよ!

 

工事なら単価アップって話ですよ。

※現場とか工場のお仕事をしている人なら分かる書き方。

 

でも、Twitterで色々見ていたら思ったんです。

 

・・・お、俺もフライをやりたい・・・!!!!

※この場合は西洋式毛ばり釣りでは無くて、調理方法です。

 

そんなわけで材料はあるのでやってみました!

 

レッツ~~~、もりもり~~~!

※分かる人には分かる。

 

スポンサーリンク

 

やっぱり下味付けた方が美味しいよね!しょうゆ糀大活躍!

 

チャララッチャララ♪

 

チャララッチャチャララ♪

 

チャララッチャチャチャチャチャチャッチャチャン♪

※キューピー3分クッキングのオープニングをイメージすると読みやすいです。

 

さぁ、始まりました。

 

ポテポテ1時間40分クッキング!

 

普段私は休みの日、大体1時間位で夕飯を作るのですが、この日はプラス40分!

 

フライをやる時にはオーバータイムがかなり出ますね。

 

でもやります。

 

何故なら・・・。

 

そこに美味しそうな物があるから!

※出来るから?

 

今回の材料はコチラです。

 

丸1日しょうゆ糀に漬けておいた頂鱒(尻尾に近い部分)

※見た目悪いけど美味しいんだよ!

※しっぽに近い部分の身は加熱調理をしたほうが美味しい気がします。

 

フライだから塩コショウぐらいで良いんですけど、しょうゆ糀に漬けることで子ども好みの味になりますから・・・。

 

普段はこれに片栗粉付けて揚げるだけなんですけど、今回はフライなのでコチラ!

薄力~~~~粉~~~~!

※大山のぶ代ドラの声で脳内再生。

 

袋に頂鱒を入れてフリフリします。

 

そして次に卵!

最初は1個で良いかと思ったのですが、足りなくなっても嫌なのでこの後1個追加して2個にしました。

 

で、最後にパン粉ですね。

冷凍庫に結構長い間寝ていたので、使い切りたい!

 

バットに広げてみましょう・・・。

あ!なんか丁度良さそう!使い切れそう!

 

ここからはスピード勝負です!

 

薄力粉にまぶした頂鱒を卵へ、そしてパン粉を付けていきます。

 

 

パン粉はふんわりと・・・。

 

パン粉を付けたらすぐに揚げたい所ですが、他のおかずも作らなければならないので、この状態で止めておきます。

 

そして・・・。揚げていく!

 

 

温度は170℃に設定!

 

結構量があるのでドンドン揚げます!

 

良い感じですな・・・。

お刺身で食べられる頂鱒をあえてフライにする、この男気フライ!

 

美味いに決まってる!!!!

 

・・・じゃ、食べますかね。

 

スポンサーリンク

 

サクサクしてフワッとしてしっとりする・・・。これは( ・∀・)イイ!!

 

フライにはキャベツ!という事でキャベツの千切りもちゃんと作っていますよ。

 

そして、これあんまり紹介していないのですが・・・。

 

しょうゆ糀に漬けたお魚(今回は頂鱒)はそのまま食べても美味しいのです!

※生食しても大丈夫な魚限定ですよ。

 

フライのみだとちょっと量が多くなりそうだったので、先に確保しておきました。

 

これ・・・、料理名はなんて言うんでしょうかね?

 

三五八漬け(さごはちつけ)って言うのがありますけど、それに近い感じかな?

※ぬか床の代わりに糀を使った漬物です。野菜以外に魚を漬けこんだりしても美味しいのですよ。

 

しょうゆ糀で漬けた魚は日本酒に良く合います!

※奥さん曰く・・・。

 

ちなみにご飯にも合いますよ。

 

あ、フライですね、フライ。

 

食べてみましょう・・・。

 

サクッ!

 

フワッ!

 

しっとりー・・・。

 

(゚д゚)ウマーです。

 

フライ特有のサクサク感が良く出ていて、さらに身の方にはしょうゆ糀の下味がしっかり。

 

フライってソース掛けたりタルタルソースで食べたりしますよね?

 

でもこの頂鱒のフライは下味をしっかり付けているので、そのままで美味しい!

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・また美味い物を作ってしまった・・・。

※ルパンに出てくる五右衛門で脳内再生してくださいね。

 

どうやって食べても美味しいって凄いですよね。

 

うちの子ども達にも大人気メニューでした。

 

またやりますよ!

 

頂鱒のフライ!

 

皆さんも1回やってみるとハマりますよ!

 

・・・。

 

片付けも準備も大変ですけどね!

 

以上、頂鱒のフライを作る!でした!

 

美味しいよー。

 

※帰る前に下のロゴをポチっとな!

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

コメント

  1. あわじ より:

    私が作ったマス料理の中では刺身が苦手な子もいるのでトータルでみるとフライがいちばん評判が良いです

    しょうゆ糀につけてからってのはひと味ついてさらに美味しくなりそうですね
    今度試してみます

    いろんな情報いつもありがたく拝見させていただいていますが、中でも料理方法は大変ためになっていますのでこれからもどんどん発信してください

    • ポテポテ より:

      お!あわじさん、こんばんは!

      フライ美味しいですよね。うん。
      サクサクしてフワフワするので家族みんなに評判良かったです。
      しょうゆ糀漬けにするとなんでも美味しくなるのでこんどやってみて下さいね。
      私が使っているしょうゆ糀、イオンだと大体売っています。
      鶏肉に使っても美味しいですよー!