小菅トラウトガーデンのレギュレーション変更問題とマナーは釣り業界全体の問題なのかもしれない・・・。

小管トラウトガーデン

段々フェザージグが使える管釣りが減っていきますね・・・。

 

果たしてフェザージグは悪いルアーなのでしょうか?

 

前にも書きましたが、フェザージグって管釣りトラウト専用って訳じゃ無いんですよ。

縦釣り・フェザージグは悪いのか?いろんな釣り方があって良いと思うんですよ。
縦釣り、フェザージグの釣り。結構ブログに書くと荒れる話題なんですけど、今一度自分の考えを書いておきます。せっかく先人が開発したメソッドですから使える状況であれば使った方が良いと思うのは自分だけでしょうか?

 

そして、私も好きな「小菅トラウトガーデン」さんもついにフェザージグ禁止になってしまいました。

 

これ、フェザージグが悪いんじゃなくて、「極一部のマナーの悪い人」が悪いんですよね・・・。

 

そして、小菅トラウトガーデンの大きな変更。

 

駐車場側の面にキャスト禁止エリアの設定。

※写真はTwitterのフォロワーさんから提供してもらいました。

 

これも2021年に入って「駐車場側からの釣り禁止」になったのですが、おそらくこのラインを全面釣り禁止にすると、入れる人が少なくなるからですよね。

 

もしくは、テンカラやる人をここに留めるため?

 

色々個人的に思うことがあるので、ちょっと書きますね・・・。

スポンサーリンク

 

レギュレーションが変更されていくこと、性善説の限界なのかな。

 

まず、フェザージグが禁止される前の小菅トラウトガーデン。

 

基本的にはワームとかラバージグ、スプーンのトレーラー釣法等以外は大体OKな釣り場でした。

 

フライとテンカラもOK。釣り人のマナーに任せますっていう釣り場でしたね。

 

この「釣り場でした」と言うのが悲しい所です。

 

段々とレギュレーションすら守れない人が増えて来たんでしょうね。

 

魚を陸揚げしてベタベタ触った挙句のリリースとか、ルアーを飲んじゃってエラから血が出ているのに持ち帰りにしないで池にもどしちゃったりとか・・・。

 

管釣り・・・いや、釣りの世界って「明文化されたルール」と、「明文化されていないマナー」があると思うんですよね。

 

例えば管釣りなら「明文化されたルール」はレギュレーションだし、堤防釣りなら「その港の禁止事項」、船の釣りなら「船のルール」ですよね。

 

じゃあ、「明文化されていないマナー」ってなんだ?と考えると、これって他人に不快感を与えないことだと思うんですよね。

 

人がキャストしているラインをまたいでキャストしないとか、隣に無言で入って同じ所に投げないとかって「明文化されていないマナー」ですよね。

 

後はどんな釣りでもそうだと思うんですけど、「先行者優先」ですよね。

 

先にやっている人がいるときはその人が優先。

 

これ、仲間内でも私は絶対に守ります。

 

なぜか・・・。

 

私自信が先行者優先を破られると大変イラっとするからですね・・・。

※でもあからさまにイラっとしたりはしませんけどね。

 

もっとも仲間内なら「ちょっとそこでやらせてー!」って声かけて少しやらせてもらったりもしますけどね・・・。

 

でも、それってあくまでコミュニケーションを取っているから大丈夫なんですよね。

 

気遣い、そう気遣いですよ!気遣い!

 

このマナーって、最低限レギュレーション(ルール)を守った上での話ですよ。

 

レギュレーションが守れない人はマナーなんか守れないですよ。

 

レギュレーションもマナーも守らない釣り人・・・、うーん・・・。

 

私のブログの読者様には居ないと思いたいです。

 

お互いが気持ち良く釣りを楽しめるようにしたいですよね。

 

レギュレーションもマナーも守れない人が増えてくると・・・。

 

釣り場のレギュレーションそのものが段々キツクなってくると思うんです。

 

これ、管釣り以外でも一緒だと思うんです。

 

例えば「バスボートはスロープの使用禁止!」とか「堤防のここから先は立ち入り禁止!」とかですよ。

 

極々1部の輩のせいでその他大勢の人が迷惑被る・・・。

 

どうにかなりませんかねぇ?本当に。

 

あ、あとゴミは絶対にポイ捨てダメです!

ポイ捨て、ダメ!絶対!

 

同じ趣味を楽しむ同士なのですから、お互いにある程度の気遣いはしましょう。

スポンサーリンク

 

レギュレーションで禁止されていないルアーは好きに使えば良いと思うよ。そんなのにイチイチ目くじら立てないでよー!

 

さてさて。

 

昔のバスフィッシングで目の敵にされていた物知っていますか?

 

 

・・・。

 

・・・・。

 

・・・正解はワームです

 

ワームが日本のバスフィッシングに入ってきたときはもうとにかく目の敵です。

 

「ルアーフィッシングはプラグを巻いて釣るものだ!」

「ワームは餌だ!邪道だ!」

 

・・・どこかで聞いたことありますね。

 

「管釣りトラウトはスプーンを巻いて釣るものだ!」

「フェザージグは餌だ!邪道だ!」

 

 

 

歴史は繰り返すんですね・・・。

おんなじだ・・・。

 

そう、別に好きにやれば良いんですよ。

 

レギュレーションで禁止されていなければ問題無いですよ。

 

ただ、人がやる釣りを上から目線でマウント取るのはやめませんか?

 

私の中の管釣りルアーヒエラルキーってこんな感じですけど、多分みんな一緒だと思うんですよ。

 

スプーン>>>>>ミノー≧クランク>>豆ルアー&セニョール>>>フェザー系他

 

そう、管釣りルアーフィッシングはスプーンが至上!!

 

私の中ではスプーン原理主義者と呼んでいます。

 

スプーン、ミノー、クランクしか使わないと心に決めている人達は、とかく豆ルアーとかフェザーを使う人を下に見るんですよね・・・。

 

「あんなルアーは誰でも釣れる!」

「フェザーは初心者向け、上手くなりたい人は使っちゃいけないんだよ!」

 

 

・・・上手くならないと釣りしちゃいかんのかーい!!!

どうなんだ!

 

豆ルアー(縦ルアー)は掛ける面白さ!

 

フェザーはフェザーで誘う面白さ!

 

みんな違うんですよ、釣りの面白さ。

 

あ、これアレだ!

 

「堤防サビキは初心者の釣り!」

 

「オフショアのマグロジギングこそが・・・」みたいな感じですか?

※海の釣りはやらないのでヒエラルキーが良く分かりませんが・・・。

 

人それぞれ好きな釣りは違うんだから、人の釣りをどうこう言うのはやめましょうよー!

 

まぁ、私みたいに「使えるもんは全部使う」人はスプーン原理主義者の人達をどう思っているか!?

 

 

 

はー、スプーンだけであんなに釣れてすげぇわ・・・。

ってぐらいです。

 

いや、別に腹も立たんですよ。はい。

 

だから朝イチからセニョール投げていても怒らないで下さいね!

 

でもね、たまに思います。

 

色んなルアー使える人の方が上手な人じゃ無いのかなぁ?って。

 

あ、一個だけ腹の立つことありました!!!

 

 

 

そのドラグ緩すぎやろ――――!!!

ジージーうるさいんだよ!ってぐらいですかね?

 

 

あんなに緩くしないとだめなのかなぁ?

 

塩焼きサイズのニジマスなんかドラグ出さないで釣れるやん・・・。

 

あ、すみません。

 

人の釣りに文句付けちゃいました・・・。

 

<本日のまとめ>

みんな仲良く!

 

 

以上でーす!

 

※帰る前にポチっとして行ってくださいな。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. ポテポテさん。おはようございます。

    おっしゃる通りですね。マナーを守らないと自分達の首を絞めるのが釣りです。どんどんフィールドが減り、人が集まってプレッシャーが上がったり、レギュレーションが厳しくなったりと、釣り人自らが釣りにくい環境にしてしまう事に気づかないとダメですね。

    スプーン原理主義者(笑)。恐らくロデオクラフトの森田さんがスプーンのみでトラキンに勝った事への憧れがあるのだと思います。それは良い事ですが、本当のスプーン好きならば自分の釣りに集中し、周りは気にならないはずです。他人に難癖をつける人は集中力が足りないか、単なるやっかみですね。

    釣りはストレスフリーであるべきですよね。『みんな仲良く』に同意します。

    • ポテポテ より:

      うーちゃん様

      自分で自分の首絞めてる輩が多いような気がしますよ、本当に。
      特に漁港の堤防の釣り問題ですよ・・・。
      あれはあくまで漁業関係者用に作っている港湾ですからね。

      スプーン原理主義者の人については、まったくうーちゃんさんの言う通りです。
      他人のことが気になるってことは、結局やっかみですよね。
      みんな楽しい時間を過ごせるようにしたいですよねー。