発光路の森フィッシングエリア釣行2022年3月!1号池でミノーイングだ!サクラマスが沢山釣れるー!そしてヤシオマスが・・・⁉

発光路の森フィッシングエリア

3号池の朝イチは死の香り・・・。

 

これ、このまま続けたらやべぇという空気がそこはかとなく漂っています。

 

私の中の「これアカンやつじゃないのか」の基準は「フライのおじさんが釣れていない」です。

 

雰囲気はいかにも釣れそうなのに釣れない・・・。

 

ダートマジックとかダートランを追いかけては来るんですけど途中で帰ってしまうこの日・・・。

 

うーん・・・、どうしたらいいんだ?

 

このまま大物ボウズで帰るとなかなか(´・ω・`)ショボーンです。

 

だってこの日(3月24日)は私のバースデーイブですからね。

 

ま・・・、負けても泣かない!

 

始めまーす!

 

スポンサーリンク

 

3号池がダメなときは1号池に避難!ここの魚は素直だよ!

 

朝イチの3号池、どうも周りを見回しても釣れている人が居ません・・・。

 

これはアレですね、アレ!

 

アカンやつ状態です。

フライすら釣れてないぞ・・・。

 

スプーンを投げてみるも、レンジが良く分からないので魚が見向きもしません・・・。

 

巻きのスピードとレンジが合わないと本当に釣れないんですよね、管釣りの魚。

 

一通り試しても「無」だったので、少し休みます・・・。

 

その時・・・、私の背後に忍び寄る影。

 

誰?誰なの?

 

ポテポテおじさんを知っている人⁉

 

「あ、ポテポテさんですよね?」

 

貧乏釣り部の「koさん」でした。

 

私の隣で一緒に色々やってみますが・・・。

 

・・・。

 

・・・。

 

2人揃って釣れない!!!

・・・魚見えるんだけどな、大きいの。

 

このままでは帰りたくなりますね・・・。

 

「koさん」が1号池に行ってサクラマスを釣るという事なので便乗します。

 

だって釣れないのが続くと嫌になっちゃうんだもん!

※だもんとか言っちゃうおじさんです。

 

そしてやってきました1号池。

 

3号池から徒歩0分!あっという間に到着!

ここも結構藻が凄い・・・。

 

発光路の1号池、魚のサイズは小さいのですが非常に素直なんです。

 

私みたいなスプーンが下手な人でもちゃんと釣れます。

 

そしてこの日は小さめサイズのサクラマスが沢山入っているとのこと。

 

私の隣で「koさん」がミノーイングでバシバシとサクラマスを掛けています。

 

これは・・・、私も普段まったくと言っていいほど使わないミノーを使った方が良いのかもしれません。

持っているけどタックルボックスの肥やしと化しているミノーさん。

 

よし、やってみますか!

 

意を決してキャスト!

 

着水・・・。

 

少し待ってチョンチョンっていわゆる「トゥイッチ」してみます。

 

すると・・・。

 

お・・・、追ってる!ニジだかサクラだか分からないけど追っている!

 

そのままチョンチョンすると・・・。

 

キタ――(゚∀゚)――!!

さらにさらに・・・。

 

キタ――(゚∀゚)――!!

 

そしてさらにキタ――(゚∀゚)――!!

 

サクラマスがいくらでも釣れる!!!

 

これ、私レベルのミノーイングでも釣れるので上手な人がやったら倍は釣れますね。

 

サクラマスは魚食性が強いのでミノー強いですね。

※ポーリー釣れるよ!

 

逆にニジマスは全然釣れないんですよ。

 

「お・・・、俺はニジマスが釣りたいんじゃー!」という方はスプーンを投げましょう。

 

そうするとニジマスが釣れます。

 

今回はレギュラーサイズのニジマスは持ち帰らないという暴挙に出ているので、サクラマスのみをキープしています。

 

なんて贅沢!そこにしびれる!あこがれるー!

 

ふぅ・・・。

 

とりあえず家族分は確保したので地獄に戻りますか・・・。

※上手な人からすると別に地獄じゃないです。

 

スポンサーリンク

 

そしていよいよ訪れるあの瞬間・・・!

 

1号池で癒されたので地獄に戻ってきました。

※ちゃんと釣れますよ!地獄じゃないですよ!

 

相変わらず誰も釣れてないのですが、栃木の管釣りマスターであり「発光路のヌシ」のタカさんが・・・。

 

バシャーン!!!!バシャバシャバシャ!!!!

※落水ではない。

 

釣ってる・・・⁉

 

なぜこの地獄で大物が釣れる⁉

 

ウソだろ・・・⁉

 

しかもこの後も連チャンでデカいのを掛けています。

 

・・・発光路のヌシにしか釣れぬ技でもあるのか・・・?

教えてもらおう・・・。

 

「タカさーん!どうやったんですか?」

 

「あぁ、デカいスプーンです」

 

セオリー通りだ・・・。

 

某管釣り協会の長が言っていた「デカい魚にはデカいルアー」ですね。

 

「これ、使ってみてください」

 

私に「デカいスプーン」をくれました。

 

発光路のヌシは優しいのです・・・。

 

奥さんのまみこさんにも優しいし、私にも優しい・・・。

 

よし、デカいスプーンを投げてみます!

 

キャスト!

 

あんまりボトム付近とかじゃなくてもいいようなので、カウント5ぐらいで巻き巻きします。

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・。

 

無だね。

 

あれ?おかしいな・・・。

 

タカさんは釣っていたのに・・・。

 

も、もう一回!

 

キャスト!

 

・・・。

 

・・・。

 

ん・・・?

 

やっぱり無だね。

多分、タカさんしか釣れない・・・。

 

んー・・・。

 

どうしよう?

 

こうなったら自分の得意な釣りを・・・。

 

ボトム耕しましょう!

※参考画像
 

 

流れ込み付近にキャストして・・・。

 

ボトム取るか取らないかぐらいでロッドでプルプルします。

 

「あの動き」です。

※手首でロッドをあおるのではなくて、肘でロッドをあおります。

※肘であおって、落とす。肘であおって落とすの繰り返しです。

 

色々なコースを流して耕していると・・・。

 

・・・。

 

ゴン!!!

 

キタ――(゚∀゚)――!!

 

フッキングした瞬間に池の中央ぐらいまで走ります!

 

ヤベェ!これ岩に走られたらラインが・・・!!!

 

だがしかし!

 

私の使っている一番高いリール「ルビアス」のドラグ性能はピカイチ!

※参考画像

 

ほんの少しだけドラグを締めて魚を寄せてきます。

 

行ける・・・。

 

このままネットインじゃい!!

 

よっしゃー!完全勝利ー!

ジャガーさんです。キレイ!

※45㎝ぐらいでした。

 

ふぅ・・・。

 

一安心。

 

まだこのパターン行けるんじゃないの?

 

栃木の管釣りマスターであり発光路のヌシのタカさんにもう少しアドバイスをもらいます。

 

「あのスカリかけているポイント、ヤシオ溜まってますよ」

 

攻めるしかない・・・。

 

他の人が気が付く前に「タカさんのスカリポイント」に入りました。

 

ドン深ポイントにキャスト!

 

あえてボトムは取らないで、かけあがりをなめるようにトレース・・・。

 

ピョン、ピョン、ピョン・・・。

 

ガゴン!!!!

 

まじかー!

 

根がかりかと思うぐらい強烈な当たり!

 

キタキタ――(゚∀゚)――!!

 

走ります!

 

ジャンプします!

 

ヤシオマスとは思えないファイト!

 

でも、ルビアスのドラグ性能に助けられて・・・。

 

確保ー!

 

すぐにスカリにイーン!

レギュラーサイズとの大きさの対比が良く分かる・・・。

 

まさかの大物リミット達成!

 

縦ルアーが使えなくても、フェザーが使えなくても大物を確保!

 

・・・。

 

私、上手いんじゃないの?

※タカさんのガイドがあるから釣れてるだけですね。

 

お昼前にリミット達成!

 

最高ですね!

 

ふふふ・・・。

 

もう少しだけ続きます!

 

発光路の3号池は地獄じゃない!

 

むしろ天国じゃ!

 

次回、感動のフィナーレ!

 

※帰る前に下のロゴをポチっとな!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

コメント