桂川フライ・ルアー釣り場2019年5月!釣った魚を捌いていたらとんでもない物が!レギュレーションは守ろう!

桂川フライ・ルアー釣り場

思いがけずトップで大爆釣だった今回の桂川フライ・ルアー釣り場。

注…100匹とかは釣れていません。あくまでポテポテ的大爆釣です。

 

ここまでの簡単なあらすじ…。

 

・デカミッツドライで落ちパク祭りだったよ

・ハイドラムはあんまり効かなかったよ

・ラインカッターwithピンオンリールを失くしたよ

 

…まとめると簡単すぎますね…。

 

詳しくはこちらから

桂川フライ・ルアー釣り場2019年5月!今回は極端すぎる!大活躍したのはあの有名プラグ!!
ゲロマッディな桂川フライ・ルアー釣り場…。 2019年5月釣行、この日のフライ・ルアー釣り場の水は最悪でした。 写真じゃイマイチ伝わらないんですけどね…。 前回までのまとめ。 ・水質はいまだかつてないぐらい最悪だよ。...

 

今回は調理編ではなく、お捌き編なのですが…。

 

結構ビックリすることがあったので、是非記録として残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

 

いつものようにタライ持参だよ~。

桂川フライ・ルアー釣り場…。

 

流しの装備は貧弱です。

まな板だけはあるんです。

 

シンクがやたら浅いので魚の脱走に要注意です。

 

川場キングダムとかの深めのシンクのつもりで魚をシンクに入れると跳ねまくって脱走しますよ。

 

 

 

 

私は毎回脱走されます。

 

元気良すぎるんだよねー。

 

地面に逃げられるならまだ良いんですけど、この流しのすぐ後ろが用水路なんですね。

 

用水路に逃げられるとコトなんですよ…。

 

まぁ捕まえられない…。

 

魚にとっては逃げても死ぬし、捕まっても死ぬ…。

 

 

 

 

どっちもバッドエンドなんですけどね!

食べられるか、ワタ被り病で死ぬかの2択さ!

 

 

 

 

…なんかさわやかに怖いことを言いましたね。スミマセン。

 

今回は持ち帰りマックスの10匹です。

 

チャイチャイっと締めて血抜き、冷却です。

そろそろ水道水の水温が高いので氷水です。

 

この段階で魚の体温をきちんと下げておけば、新鮮なまま持ち帰れます。

 

生食をするなら、こうやって水冷で冷やした方が鮮度が保てますよ。

 

空気で冷やすより水で冷やす方がよく冷えますからね。

スポンサーリンク

 

お腹を開けていったらビックリするものが…。

はい、今日の本題です。

 

これはちょっと衝撃受けましたよ。

 

この写真をご覧ください!!

 

 

 

 

 

 

 

ゲーリー3インチグラブがお腹から出てきました…。

 

ありえないでしょう!これ!

 

ワーム禁止になった河口湖でワーム使う人も信じられませんけど、管釣りでワーム使う人って何なんでしょう?

 

当然、ここ桂川フライルアー釣り場もワーム禁止です。

 

どうしてルールを守れないでしょう?

 

誰も見ていないから使うんでしょうか?

 

ワーム、魚が飲み込んじゃうんですよ。

 

そうすると胃の中に溜まって餌が取れなくなって死ぬんですよ、魚。

 

もう、本当にやめて欲しいです。

 

管理釣り場はルールを守って楽しんで欲しいですよね。

 

反則しても勝てば良いと思っているんでしょうかね…。

 

こんなことして釣った魚は嬉しいでしょうか?

 

私には理解出来ません。

 

誰も見ていない所でルールを守れるって大事ですよね。

 

ルールは守って、ルール内で工夫して楽しみましょうね。

やった人…、もうやらないで下さいね…。

スポンサーリンク

 

正しい保冷で持ち帰って、美味しく食べましょう。

キャッチ&イート派の方。

 

正しい保冷のお時間です。

 

ポイントは3つ!

・魚を冷やしすぎない

・氷に魚を直接触れさせない

・冷気は下に降りる

美味しく食べようぜ!

 

まず魚が氷と触れないようにビニール袋へ。

 

この時クーラーボックスの一番下に魚をいれます。

 

その次は氷を入れたくなりますが、直に氷だと冷えすぎるので薄手のタオルを一枚掛けてあげます。

冷やしすぎてもダメダメ~。

 

この後にようやく氷を載せます。

保冷材は氷の保冷で持ってきています。

 

この段階ではもう保冷材の効力は無くなっているんです。

 

あくまでメインの冷却は氷です。

 

氷が一番良いんですよね、冷えすぎないので!

 

釣った魚の温度管理は5℃~10℃で大丈夫です。

 

冷やしすぎても良く無いのです。

 

結構皆さんガッツリ冷やしたがるんですけどね…。

 

冷やしすぎても死後硬直が進むのが早くなるんですよ。

 

生食したい方は覚えておきましょう!

 

絶対にその方が美味しく食べられますよー。

 

 

ダメ!冷やしすぎ!ってことですね。

 

今回の桂川フライルアー釣り場!

 

色々ありましたね。

 

落ちパク祭りからお腹からワームまで。

 

 

 

…でもラインカッターどこに行ったんでしょう?

次回釣行までに買わないとね…。

スポンサーリンク

 

 

管釣りでのルールは守って楽しみましょうね。

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村

コメント

  1. りくパパ より:

    ポテポテ様

    ワーム…
    びっくりしますね。
    私もよくバーブ付きの針やトレブルフックの付いたルアーなんかを拾ったりします。
    レギュレーション…
    守って欲しいですよね。
    ほんと、ルール守らず釣って楽しいんですかね…

    • ポテポテ より:

      りくパパ様

      いや、かなりビックリしましたよ。
      トレブルフックはたまーに見るのでそこまでビックリはしませんが…。
      ワームは初でしたね。
      桂川フライルアー釣り場って、来ている方は割と地元率高くて「地元の管釣り」って感じでまったりなのです。

      漁協の係りの人もあまり見に来なくて、あくまで利用者のマナーに任せている釣り場です。

      そういう所だからこそ、ちゃんとルールを守って釣りをしたいものです。
      管釣りのルールが守れない人って、絶対に湖とか川の禁漁区間とか守っていないと思うんですよね…。

      本当、勘弁してほしいなぁと思った休日でした。

  2. ユッケ より:

    レギュレーション違反者への警鐘は勇気のいることです、素直に尊敬します。

    管釣り師全体のマナー向上は貧乏釣り部の命題の一つでもありますから私も見習いたいと思います!!

    そして話は変わりますが、オススメのラインカッターを記事にしているのでよろしければ是非・・・・・笑
    https://whatkanturi.com/linecutter

    • ポテポテ より:

      ユッケ様

      いやー、本当にルール守って遊びましょうよーって所です。
      例えばボクシングだってルールがあるからスポーツとして成り立っているわけですよ。
      ゴルフもしかり。
      あれだって、打数なんか幾らでもごまかせますからね。

      そこをキチンと守って、自分が胸を張れる遊び(スポーツ)をしたいものです。

      あ、ラインカッターの記事、熟読しています(笑)
      失くしたラインカッターはかれこれ20年以上使っていたので、そろそろ替え時かなぁなんて思ってはいたんですけどね。
      まさか朝イチに失くすなんて思いませんでしたよ。

      ちなみに、あの日は予備で持っていたPEライン専用のハサミでしのぎましたが…。
      やっぱり爪切りタイプの方が使いやすいんですよねぇ。

  3. kan より:

    ポテポテ様

    ん~。レギュレーション違反。よくやろうと思いますよねー。
    小心者の私が違反ルアーなんてつけていたら、
    緊張のあまり腕がプルプル&平地なのにずりリース確定です。

    ずるして得られたものって、その後、ずーーっといやな気分が残ると思います。
    子供と釣りをするとき、①安全を守る、②ルールを守る ③マナーを守る
    と教えています。
    親として、子供に見られているので、恥ずかしいことはできません。

    お父さん、ずるいことしないよね。貧乏だけど。
    お父さん、恥ずかしい安物しか持ってないよね。
    (って、思われているかも・・・・)

    ラインカッター?。はい、100均の爪切りです!

    が、がんばろーっと。

    • ポテポテ より:

      kan様

      実は私もそういう考え方です。
      「ずるして自分の心の中にしこりを残したくない」ということですね。

      ルールから外れて何かを得ても、それは自分のためにはならないと思います。
      「ボロは着てても心は錦鯉!」ですからね。

      レギュレーションの範囲内で色々やるのは工夫。
      レギュレーションの範囲外で色々やるのは不正ですよね。

      ラインカッターが爪切りでも良いと思います!
      …むしろそれ良いですね。
      ダイソー行かないとですね。

  4. 鱒パパ より:

    ポテポテ様へ

    まさか、あの時、私が釣りをしていた背後で衝撃の事実が判明したとは、思いもしませんでした。本当に残念です。比較的レギュレーションが緩い桂川漁協のフライ・ルアー釣り場ですが、まさかワームが使われていたなんてショックですね。
    私も食材確保が目的の釣りなので、今回は家族分の塩焼きサイズ5匹を持ち帰りました。一度だけ、初めて釣った三倍体の中からスプーンが出てきて驚いた事がありましたけど。
    あ〜!それにしても、あの時、トップが好調とポテポテさんから教えていただきながら、ニジマスの唐揚げのキーワードを耳にしていながら、直ぐに気付かず大変失礼しました。
    また、お会い出来るのを楽しみにしています。

    • ポテポテ より:

      鱒パパ様

      そうなんです!捌き場で大事件が起きていたんです!

      「事件は流れ込みで起きているんじゃない!捌き場で起きているんだ!」という感じですよ。
      (踊る大走査線風…)

      桂川フライルアー釣り場のレギュレーションならワーム使わなくても十分遊べるんですけどね…。
      あそこってワーム以外はなんでも使えますからね。

      やっぱり釣りに限らず、何でもルールは大事ですよね。
      超えてはいけない線は超えてはいけないんです!

      あ、ちなみにですが。
      金属系ルアーを飲んだ魚は、それほど体調に影響は出ないみたいです。
      ワームみたいに体内で膨張しないからですね。
      それと、やはり錆びることで分解されるみたいです。

      プラグ類を飲まれた場合は…?
      うーん、調べてみます。
      恐らく割と早めに死んじゃうと思うんですけどね。

      あと針だけ飲まれた場合は、それほど生存率に影響は無いそうです。
      むしろ、無理に針を外すくらいなら、糸だけ切ってリリースのほうがダメージが少ないんです。
      ちょっと前にその手の論文を読みました。

      そして、また釣り場であったら宜しくお願いします。
      これからの時期は小菅に出没することが多くなると思うので…。

      あ、真夏は相模湖にボートで浮いてます。。。

  5. タカ より:

    ポテポテ様

    まさかのワーム・・・。

    アウトです!

    完全にアウトです!

    落ちてるルアーを拾うとバーブ付き、というのはまだまだ多くて悲しくなります。

    幼少期から、魚との真剣勝負だからこそバーブ無しで釣りをしている身からするとバーブ付きである利点なんて大して無いと思うんですけどね。

    う~ん、私はレギュレーションの範囲であれば何でも投げてみようとする人間です。

    そして食材目的で管釣りに行きます。

    ワームやバーブ付きなんかのレギュレーションを無視した釣りをするなら、釣った全てを食してちゃんと供養してもらいたい!

    • ポテポテ より:

      タカ様

      いや、自分も本当にびっくりしましたよ。
      まさかワームが出てくるとは!

      河口湖のバスなんか、昔は結構いましたけどね、ワーム飲んでいる魚。
      一時のバスブームで湖のキャパシティ超える量のワームが湖底にありましたからね…。

      だから河口湖、芦ノ湖はワーム禁止にしたんですよね。
      レギュレーションで禁止なのですが、それでも使う人が後を絶たない…。
      本当に止めて欲しいです。
      というより、そういう人は釣り自体をやめて欲しいですよ。
      ルールを守って楽しんで欲しいです。

      バーブ付きのフックもそうですけどね…。
      あれ、バーブレスにしてもそんなにバレる率って変わらないと思うんです。
      私もずーっとバーブレスで釣りをしています。
      その方が自分の手にフックが刺さった時でもケガしないですからね。
      もちろん、魚へのダメージも少ないですしね。

      私、実はここ3年ぐらいバスやるときにワーム使わなくなりました。
      スピナーで十分遊べるので…。

      後はフェザージグ投げてます。
      ラバージグが効かないときにフェザー投げると簡単に釣れたりするのが面白い…。