川場キングダムフィッシングで釣った神山水産さんが育てたイトウ、まずは焼いてみました!

川場キングダムフィッシング

イトウを美味しく食べるにはどうしたら良いのかしら・・・?

 

私が2021年7月の釣行で釣った川場キングダムフィッシングのイトウ。

私の釣り人生で一番大きい80㎝オーバーでした。

 

頂鱒のこのサイズなら「ウッヒョー!お刺身三昧じゃねぇか!」ってなるのですが・・・。

 

ぶっちゃけるとイトウってそこまで美味しくは無いんですよね・・・。

 

ブラウントラウトよりちょっとマシかな?ぐらいなんですよ、私の中では・・・。

 

だがしかし!

 

これ違ったんですよ!

 

私の中のイメージはひっくり返りました!

 

神山水産さんで畜養したイトウは違いました!!!

 

あそこの魚、本当に凄いですよ・・・。

 

今日はまた「一銭も貰っていないけど勝手に宣伝シリーズ」です。

 

始めまーす!

スポンサーリンク

 

大きいイトウは色々試してみましょう!まずは捌かないとな・・・。

 

釣ってきた80㎝を超えるイトウさん。

 

お捌きタイムはちょっと躊躇しました。

 

だってウチの一番大きいまな板からはみ出ちゃうんですよ。

 

こんな感じでドーンっと!

クーラーに曲げないと入らなかったのでシャチホコ状態です・・・。

 

しかも、イトウってやたらヌメヌメするんです。

 

現場でかなり金タワシでこすったんですけどねぇ、それでもだめですね。

 

とりあえず卸さないと始まらないのでやってみますか。

 

まずは3枚卸から・・・。

 

イトウは結構身が柔らかいので一気に!

 

・・・一気に行きたいけど、結構骨が固い!

 

エイヤっと!

ちょっと失敗・・・。

 

半身側もいっぺんに・・・。

 

よいしょーっと!

※頭がキラーみたい・・・。

 

に、しても凄いな・・・。

 

カマもこんなですよ!

ブリカマぐらいのサイズだな・・・。

 

中骨からはまだまだ身が取れるので、スプーンでガシガシ。

 

そうするとスキミがこれぐらい取れました。

 

後は残りの身を全部切り分けて冷凍出来るようにします。

一個ずつの包み、かなりのサイズですよ。

 

釣ってきた日はとりあえず塩焼きで行ってみましょう。

これ、お皿も大きいんです・・・。

 

塩ふってから、グリルへイン!

 

後はグリルが勝手に焼いてくれるので、その間にキッチンの片付けを・・・。

スポンサーリンク

 

ん・・・?これ美味しいぞ!一番最初に食べたイトウと違う!!

 

さてさて、綺麗に焼けましたね。

カジキマグロっぽいな・・・。

 

美味しいのかなぁ?

 

ちょっとドキドキで食べてみます。

アムッと・・・。

 

ムグムグ・・・。

 

あ!これ美味しいぞ!

クセがあまりない!

 

いつだったか308でグリーンさんが「イトウはカジキマグロみたい」って言っていましたが、確かにそうですね。

 

確かにカジキっぽい!

 

これ、漬けにしても美味しいと思う!

 

・・・てなわけで、後日漬けもやりました。

氷温解凍をしてから調理です。

 

9割解凍したら調理開始!

海の魚みたいですね。

 

皮は引かないでこんな感じで身をそいでいきます。

皮が分厚いから、直に身を引いて行けます。

 

この後軽く炙ってからボウルへ。

 

後はいつものようにメンツユとゴマ油を混ぜたタレに漬け込みます。

 

食べる前に卵黄を混ぜ込んで完成!

これ、よそってからオリーブオイルを少し掛けまわすと美味しいですよ!

 

食べると・・・。

 

あー!なんだ―!?

 

美味いぞ!美味い!

神山水産恐るべし!

 

やっぱり養殖魚は育て方で味が全然違う!

 

頂鱒みたいな旨さでは無いけど、これはこれで美味しい!

 

凄いぞ!神山水産!

※神山水産さんのお魚は上のリンクのポケマルから買えますよ。

 

ちょっと長くなるので後編に続きます!

 

イトウは育て方で味が変わる!!凄いぞ!(; ・`д・´)

 

 

※帰る前に下のロゴをポチっとな。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

コメント