戸建て住宅のサッシ交換はそんなに簡単に出来ないのです・・・。内窓取付を考えたほうが良いと思いますよー。

住宅リフォーム、生活お役立ち情報

暑さ、寒さは窓から来ます。

 

真夏の暑さは70%ぐらいが窓から入ってきます。

 

冬の寒さは約50%が窓から出入りします。

 

そんな時に良く私が聞かれるのが「サッシ替えたいんですけど、いくらぐらいですか?」ですね。

※ポテポテおじさんの本業はリフォーム屋さんです。

 

うーん、そんな簡単に考えてもらうとちょっと困ります・・・。

 

サッシその物を交換するって、結構オオゴトなんですよ。

 

今日はそんな窓について語ります。

 

窓でお悩みの方は必見!

 

暑さ、寒さは窓から考える!

 

始めまーす。

スポンサーリンク

 

サッシリフォームの手段は主に3つ!お勧めは・・・?。

 

築年数の古いお宅にお住まいの方から良く言われることのベスト3に「窓をどうにかしたい」があります。

 

ちなみに1位と2位がお風呂とキッチンですね。

 

3位の窓、これが結構やっかいなんですよ。

 

マンションだと外部に接する窓は半共有部になって、勝手に交換出来ないし、戸建ての場合だと外壁を絡む交換になってくるので工賃が割高・・・。

 

で、そういうお話をすると、大抵の人はへーって感じで話だけで諦めて帰る方が多いのですが・・・。

 

実はメーカーさんも色々考えて、比較的簡単にサッシリフォームが出来る商品があるんです。

 

落としてから・・・、持ち上げるー。

 

そういう話術ですね。

 

まず1つ目が既存のサッシの枠を残しつつ、新しくサッシを入れてしまう「カバー工法」

<LIXIL リプラス公式ページより引用>

 

2つ目が既存サッシの室内側にもう一つ窓を付ける「内窓」

<LIXIL インプラス公式ページより引用>

 

そして3つ目がサッシのガラスを断熱タイプに入れ替える「ガラス交換」

<日本板硝子(株)真空ガラス「スペーシア」公式ページより引用>

 

この中で個人的なお勧めは内窓の取付ですね。

 

なぜか・・・?

 

1個ずつ、メリットデメリットをお話して行きますね。

スポンサーリンク

 

サッシリフォームのメリット・デメリット。全部良いのは無いんだなぁ。

 

さてさて、私がお勧めするサッシリフォームの順番です。

 

戸建て住宅だとこんな感じです。

 

お勧め1位・・・内窓の設置

お勧め2位・・・サッシ交換(カバー工法含む)

お勧め3位・・・ガラス交換

 

マンションの場合はこんな感じです。

 

お勧め1位・・・内窓の設置

お勧め2位・・・ガラス交換

お勧め3位・・・サッシ交換(カバー工法含む)

※ただし、ほとんどのマンションはサッシ交換は気軽には出来ません・・・。

 

これ、私が住宅リフォーム業に関わって経験から学んだ事なんですよね。

 

内窓の設置って、実は相当お勧めなんです。

 

メリットとデメリットと比べると、圧倒的にメリットの方が多いです。

 

<内窓設置のメリット>

・既存窓の内側に窓を設置するだけなので、工賃が安い。

・工事の時間も1窓1時間以内で終わるので、居室の窓全てを工事してもワンデイリフォーム。

・組み込みガラスによって値段が変わってくるけど、サッシ交換に比べるとかなり安い!

※サッシ交換だと1窓あたり20万~って感じですけど、内窓設置なら6万~ぐらいです。

断熱効果は抜群!真冬の窓から感じる「ヒンヤリ感」はほとんど無くなります。

結露防止効果が高い!内窓の表面に結露はほとんど出ません。

※まったく出ないわけではないです。そのあたりは住宅事情によります。

 

<内窓設置のデメリット>

窓が2つになるので、換気の為の開け閉めが面倒。

・窓ガラスの掃除をする時に既存窓、内窓と掃除する必要があるため面倒。

・内窓サッシは樹脂サッシになるため、開け閉めが重い。お年寄りにはツライ。

 

総じてデメリットのほうが少ないんですけどね・・・。

 

次にサッシ交換(カバー工法)のメリットとデメリットです。

 

 

<サッシ交換(カバー工法)のメリット>

・新しい窓は半樹脂サッシ(外側がアルミ、室内側が樹脂)が選べるので断熱性が段違い。

・予算を増やせば樹脂サッシも選べて、さらに断熱性アップ。

カバー工法だと既存のサッシ枠を利用できるので、外壁を傷めないで工事可能。

・一部のマンションはカバー工法なら対応可能(ただし、管理組合の許可は必須)

※出来ないマンションのほうが多いですが・・・。

 

<サッシ交換(カバー工法)のデメリット>

予算が高い!内窓設置の3倍ぐらいになることが多い。

・既存のサッシより一回り開口が小さくなる!

・既存のサッシ周りにカバーが出来る。外壁とのバランスを許容できるか・・・。

・樹脂サッシペアガラス仕様にすれば断熱性はかなり上がるが、半樹脂サッシペアガラス仕様だと「既存サッシ+ペアガラス仕様内窓」に断熱性は負ける・・・。

・工事の時間が内窓を取りつけるより掛かるので、窓の数が増えると工事が何日かかかる。

しかも雨だと工事が出来ない・・・。

 

うーん、割とデメリットが多いです・・・。

 

私もあんまり正面切って勧めないんですよねぇ、カバー工法のサッシ交換。

 

お風呂の工事と併せてやったりはしますけどね、極稀に。

 

とにかく、予算が高くつくのがサッシ交換です。

 

最後にガラス交換のメリットデメリットですね。

 

<ガラス交換のメリット>

・既存サッシをそのまま使えるので大抵のマンションでOK

※使えるガラスはある程度限られますが。

・工事も内窓取付と同じぐらい簡単。

内窓取付みたいに、窓が増えるわけではないので窓の開け閉めの回数は変わらず。

・ペアガラスや真空断熱ガラス、防犯ガラス等バリエーション豊富。

・工賃も安い(選ぶガラスによりますが)

・工期も短い。居室のガラスを全部替えても大体1日で終わります。

 

<ガラス交換のデメリット>

・既存サッシのままなので、サッシの断熱性能は上がらない。ガラス面の結露は出なくなってもサッシの結露はそのまま・・・。

内窓取付に比べると断熱性能はそこまで上がらず。真空断熱ガラスならそこそこまでは持っていけるけど、1枚板ガラスの窓をペアガラス仕様にしても期待するほど断熱効果は出ません。

サッシの開け閉めが重くなる。もともと1枚板ガラスのサッシとして制作しているので、ペアガラスにするとどうしても開け閉めが重い・・・。

・ガラスの周りにアタッチメントを付けるので、多少ガラスの面積が小さくなる。

 

うん。

 

どの窓サッシリフォームにしてもメリットデメリットがありますね・・・。

 

これが完璧!っていうのは中々無いんですよ。

 

予算が潤沢に有れば、窓周りの外壁を切って、室内側もいじって樹脂サッシのトリプルガラスにする!とかいう方法もありますけど、なかなかそこまで大がかりなリフォームをする人は滅多にいませんね。

スポンサーリンク

 

窓リフォームをする時にお勧めの施工業者さんはコチラ!

 

では、窓リフォームを頼むときに頼りになる施工業者さんはどこで探すか?

 

地元のサッシ屋さんとかガラス屋さんでもOK!

 

・・・ですけど、なかなか地元に居る業者さんは良く分からない・・・。

 

そんな方にお勧めしたいのがコチラ!

無料プラン、無料見積り作成のタウンライフリフォームさん。

 

全国対応、戸建てもマンションもどちらも大丈夫です。

 

お近くの優良工事業者さんを無料でご紹介致します。

 

もちろん、プラン作成、お見積りは無料です!

 

暑い、寒いをどうにかしたい方は是非どうぞ。

 

お問い合わせはコチラの公式ページから!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント