スズキエブリィのAGS不具合について。AGSユーザーの方、リコールはギリギリ待ったほうがお徳かも・・・。

車、バイクに関すること

平成から令和へのこととは一切関係ありませんが…。

 

営業車もスズキ。

 

私用の車もスズキ。

 

1日中スズキ車に乗っているポテポテです。

 

私が仕事で会社から与えられている社用車、エブリィの5AGS車です。

 

スズキ 公式ページより抜粋

 

無論、4ナンバーの一番下のグレードになります。

 

ただ、このAGS(オート・ギヤ・シフト)という機構。

 

結構癖があります。

 

最初乗ったときは正直戸惑いました。

 

なんだこのギクシャクするオートマ!と思いましたね。

なにこれー?

 

 

スズキもそれを分かっているんでしょう。

 

「AGS車の乗り方」みたいな説明書が1枚付いてきました。

 

それを見て納得。

 

このAGSという面白機構、車好きは結構ハマルと思います!

 

今回はそんな面白機構のお話です!

スポンサーリンク

 

そもそもAGSって何?

 

はい、始めましょう。

 

このAGSとはなんぞやというお話からですね。

 

A・・・オート  G・・・ギヤ   S・・・シフト です。

 

日本語で言うと、「機械式自動変速機」というトランスミッションです。

 

いわゆる一般的なオートマでは無いんです。

 

物凄く簡単に説明すると、このAGSは「マニュアルトランスミッションだけど機械がクラッチとギヤチェンジを面倒見てくれるもの」ですね。

 

2ペダルMTだと思ったほうがスムーズに運転できます。

 

AGSが出てからもう結構経っていますが、評価真っ二つに分かれているような気がします(ポテポテ調べ)

 

最初に搭載されてから3~4年でしょうか。

 

私みたいに「車はMTだ!」と思っている人からは結構好評です。

オートマは楽しく無いんだよー!

 

 

ただ、オートマしか乗ったことの無い人だと「なんて乗りにくい車だ」という評価になっています。

 

考え方の違いなんですよね。

 

AGSはあくまでMTなんです。

 

マニュアルトランスミッションの一番面倒な部分を車側でやってくれているだけなんですよ。

 

一番面倒な部分って「半クラッチ」ですね。

 

それと坂道発進。

 

あ、でも坂道発進に関しては、最近のMTはヒルホールドアシスト機構が付いている車が多くなりましたね。

 

あれは非常に良いです!

 

私も仕事でたまーにトラックも乗るんですけど、非常にラクです。

 

クラッチのミートポイントを気にしないですみますからね。

 

話戻します。

 

AGSはクラッチ操作を自動でやってくれるのです!

 

ちょっとつまらない気もしますが、これが良く出来ているんですよ。

 

渋滞しているときには物凄いラクです。

 

それと4⇒3⇒2のシフトダウン!

 

これがプロドライバーなみに決まる!

 

シフトレバー操作だけでエンブレをキチンと効かせて減速できます。

 

実に良い。

実に良いんです。

 

大垂水峠を攻められるぐらいです!(攻めたらエブリィが転がるのでやりません)

 

そう、それぐらいポテンシャルを持った2ペダルMTなのです!

スポンサーリンク

 

で、リコール掛かっているのは何?

 

はい、本題に入りましょう。

 

車好きな読者様が一定数いると思って話を進めます。

 

今回のリコール、平たく言うと「クラッチ周りとシフトチェンジに関わるパーツが壊れるかもよ」というものです。

 

・・・ミッションのかなり重要な部分がダメになるということですね。

 

恐ろしい。

 

街中でいきなりシフトチェンジが出来なくなるかも!ってことですな。

 

結構ゴッソリ交換になるので、入院コースになります。

 

1泊2日のようです。

 

実際に、私のエブリィちゃん。

 

結構シフトチェンジをするときにシフトレバーが引っかかる感じがするときがあります。

 

 

 

これ…、リコールの原因なのか…?

 

シフトチェンジがしにくいんですよ。時々ですけどね。

 

やっぱりダメなんですかねぇ?

 

あ、とりあえずリコール修理の予約は入れてあるので、それまでに症状が進まなければ良いのですが…。

スポンサーリンク

 

リコール修理をするとどこまで替えてくれるの?

はい、今回のお話のキモですね。

 

ダメなのはこの場所です。

□に囲まれているが交換部品です

<スズキ エブリィ、キャリイのリコールについての公式ページより抜粋>

注…ここ以外にももう少し交換パーツあります。

 

クラッチディスクの交換まで含まれます!

 

凄くないですか?これ。

 

普通クラッチ交換なんかしたらかなりの額が持って行かれますよ!

 

それなのにリコールで替えてくれるなんて…。

 

 

 

 

なんて太っ腹!

※使い方が違う画像イメージ

 

 

クラッチ周り新品交換ですよ!

 

これはつまりどういうことか…。

 

10万㎞以上走ってから持って行ったほうが断然お得!と言うことですね。

 

ただし、まったく症状が出ていない車の場合ですけどね。

 

私のエブリィみたいにすでに症状が出始めているのはダメですけどね。

 

AGS車に乗っている方!

 

いっぱい走り回ってからリコール修理出した方がお得ですよー。

 

クラッチ周り全て新品にしてくれますからねー。

スポンサーリンク

 

注1…すでにシフトチェンジに不具合が出ている方は早急にスズキの正規ディーラーへ予約を入れて下さい。

 

注2…AGSのリコール修理、かなり混んでいます。予約してから修理まで2019年4月現在で約1ヶ月半待ちぐらいです。

 

…本当はまたプジョー乗りに戻りたいポテポテでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメント